ここは、コース制作、ローンチ、ライブ販売、販売自動化について、デジタル製品で事業を拡大するために必要なすべてのことを学ぶ総合アカデミーです。


『デジタルコース・アカデミー』に「失敗」がない理由

コースの進み方と、2つの特徴をお話ししています。

こんなあなたのためのコースです



毎月の総手取り額をのばしたい、老後が不安で何か資産を築きたい、ハードワーカーな職場から自由になりたい。


そんなあなたは、お金が欲しいときや働きたいときに働くスタイルで、自分の予定は年間、週間をとおして自分で立てることができる働き方を、デジタルコースで築くことができます。


>>>すでに教える仕事のあなた

規模拡大し、より多くの人を助け、時間と場所にしばられない収益の柱を、増やします。


>>>会社勤めのあなた

起業家マインドのあなたの持つ能力を、さらに開花させます。


>>>オンラインビジネスを始めたい起業家

デジタルコースとともに、賢く進みます。


>>>穴にはまってしまったコースクリエイター

マーケティンブのレベルアップをはかり、挑戦的なゴールを結果として手にいれましょう。ライブローンチとエバーグリーンローンチのハイブリッドで収入を増やしましょう。

どんな未来が手に入るか?


「本業をもちながら、それでも最短で、コースの売上をスケールアップさせたいあなた」を、6カ月で30万円の売上をたて、つぎに、12カ月で150万円の売上をたて、オンラインスクールを事業といえるところまでお連れすることに注力してつくられました。

コース修了時にあなたが手にしているのは



1.あなたの売れるコーストピックをしっかりつかんでいる

あなたがすでに知っていることを基にし、かつ受講生が喜んでお金を払ってくれるものが明確になっています。


2.売れることを確認してから、自分のコースを事前販売している

初めてレクチャー動画を撮影する前に、受講生にコースに入ってもらって、お金をもらい応援してもらいながら、コース制作に着手しています。


3.高い受講生獲得率をだすウェビナーを開催している

プレゼンテーションと圧倒的なオファーで理想の受講生をコースに惹きつけています。


4.専門家としてコースコンテンツを出しています

機材が今無くても、今までビデオを撮ったことがなくても大丈夫、最後には専門家として認められるコース制作ができています


5.コースマーケティング計画を自分で作成できています

質の高いリストを持ち、計画的にセールスができています(心臓にもよい生活)


6.説得力のあるメールやセールスページ、ファネルがつくっています

ウェビナー後のメールやファネルで、セールスを成功させ、見込み客を顧客に転換できています。

デジタルコース・アカデミーは、あなたの理想を強く反映させたコースづくりのお手伝いをします


毎朝やる気に満ちて起きる

一日の仕事にインスパイアされ、満足して眠りにつく

生活のための仕事と割り切って参加するミーティングやプロジェクトだけで、人生の時間を埋めて終えたくない

自分の中から湧き出るものを伝え、クライアントとの対話を楽しみ、自分で自分を満たしながら仕事をすることで収入を得たい

そんなあなたを応援します



  • 和田が4年かけてやってきた動画制作や販売の経験(失敗も含めて)をあますところなくお伝えしています


  • 本コースの他に和田美香オンラインスクールで視聴できるコース制作と販売に関する動画教材37本への生涯アクセス権あり


  • ライブ販売だけでなく、販売自動化の仕組み構築もできる


  • 全額返金制度あり


  • テックライブラリーで分かりやすいツールの使い方動画やマーケテイングの基本理論から理解できる動画あり


このデジタルコースアカデミーをどう使いますか?


初めてのコースづくりというのは、1回キリしかありません。

だから、その1回を完璧にやりきりたいですね。

妥協せず、ベストを尽くしましょう。


受講生の声




最後お一人お申し込みがありました!これで4名です。まだまだこれからですが、1ヶ月前には想像もつかないスピードでここまできた感じがあります。これからもご指導どうぞよろしくお願いいたします^^

・起業届を出せた。・Googleフォームを使ったアンケートが気軽に取れるようになった。・会計の仕組みを整え、確定申告ができるようになった。・HPを開設できた。・メールチンプを設定して、メルマガを出せる仕組みを作れた。(50近いリストをゲット)・Canvaの使い方を覚え、気軽にチラシやスライドが作れるようになった・仲間とオンラインセミナーを実施(70近いリストをゲット)・メールチンプでサーベイを実施、リードマグネットで有望顧客を集めることができた。・Camtasiaで動画編集することを覚えた・Udemyで動画を販売することができた。・限られた時間で自分の持っているスキル等を発信することができ、それを感謝されたことが嬉しいです。

Udemyコース7本リリース。公開2ヶ月後にベストセラータグがつきました。Udemy受講生数は1200名超。その後、teachableでの独自オンラインスクールを構築し、現在受講120名強。メルマガリストには、1300名以上入ってくださってます。リストゼロから、ここまでこれたのは、ワオンの素晴らしい教材、仲間、何よりも和田美香さんの熱心なご指導のおかげです。

デジタルコース・アカデミーに含まれる全6章

1歩目から前進できない人は、この9つの意思決定の段階を自分で決めてゆけないか、あいまいにしたまま進んでしまう人です。


・9つの意思決定

・コース制作とローンチの日をブッキングする

・ツール選定


コース制作の前に必ずこの「売れる証明」を取りましょう。急がば回れです。応援者を集めながら、売れる要素を足してゆきます。


・興味ある人いませんか?

・アンケートとアンケート特典作成

・インタヴュー依頼

・フィードバックを活かす
・アートと科学のネーミング術

論文や書籍を書いたことがある先生でも、動画で教える教材が、お金をいただくに足るポイントまではご存知ありません。


・一口サイズにかみ砕く

・その通りに歩く

・速く進む録画方法

・編集は最小限で

マーケティングは、あなたが出会いたい人と出会うための、つなぎ役をしてくれます。だから、あなたは「こんな人と出会いたい」と発信しつづける必要があります。黙っていたら、だれもつないでくれません。


・メールマーケティング

・売る順番

・圧倒的に魅力的なオファー

・信頼を獲得するブランド構築

セミナーから教材を販売する亜流の方法はさまざまにありますが、一番セールス臭がしないけれど、飛び込んでもらいやすい方法をご案内します。


・ランディングページの基本

・メールで背中を押す

・約束をする。そして約束を細部で守る

・限定性希少性のなかでの締め切りの力

あなたが人的労力を割いて販売する方式にプラス、手放しでも売れる仕組みもハイブリッドで持ちましょう。収入の柱がこうやって増えます。


・販売の自動化は総合力

・ベストプラクティスを集める

・メールにプラス動画をあわせる

・ブラッシュアップのポイント

DCAについてよくいただく質問


Q 和田美香オンラインスクールで「オンラインスクール構築教材見放題コース【OMB】」を受講しています。OMBとDCAの違いは何ですか?


A OMBの受講生さんにとって大きな違いは2つです。まずひとつめ。月額でお支払いいただく教材見放題の権利が、生涯視聴権にバージョンアップされます。そのため、DCAをご利用開始いただいた段階で、OMBの月額ご請求を次月分請求よりストップさせていただきます。もうひとつの違いは、「作業の手順が明確に指示されていて迷いなく進めることと、ライブQ&Aセッションがご利用いただけること」です。この2つ目の特徴は、「次に何をみたらいいのかわからない。自分は次何をすればベストかアドバイス欲しい」という声に応えて特徴を加えました。OMBご利用者様は、DCAお申込み後、事務局宛に、次回課金停止のお申し出をご連絡ください。


Q 和田美香オンラインスクールで「リスト構築マスタークラス【LBM】」を受講しています。LBMとDCAは、どっちを先に受講したほうがいいとかありますか? 重複するところはありますか?


A LBMを先に受講いただくのは、正しい方法です。DCAは、LBMであなた独自のリストを構築しはじめた後に受講いただくと、一番スムーズにデジタル商品の販売にすすむことができ、おすすめの経路となります。DCAでもリスト構築をお手伝いする特典や、一部レクチャーもございますが、LBMの教材とは違い、コース制作を進めながら、リスト構築する方むけに、リスト構築にかける時間のコントロールができることを主眼にした内容をお届けしています。リスト構築に関する詳細なノウハウは、LBMのみです。


Q こなす内容が大量にあるように感じられます。大量の教材を自分がこなしきれるのかが心配です。


A ご安心ください。9週間のライブQ&Aサポートのなかで、すべての工程を終えることをおすすめしているわけではありません。1年半から3年ほどかけて、着手から自動販売実装までをすすめていただくボリュームです。そのため、DCAの教材は、視聴期限がありません。あなたが和田美香オンラインスクールにアカウントをお持ちである限り、いつでも視聴いただけます。なので、あなたは、あなたのペースで作業をすすめ、成長段階に沿って動画で学んでいただくことができます。あなたのペースですすみましょう。


Q スタート日と申込みに期日があります。来月ちょうど忙しいのが分かっているのですが、この日に申し込まなければなりませんか?


A はい。DCAは、次回募集開始は来年の予定です。教材は、生涯視聴権をお持ちなので、忙しい期間が終わったら、すぐ視聴開始いただける環境にいていただけるので、いまお申込みいただくタイミングがベストかと思われます。


Q ツール一覧としておすすめのもの以外のものを使用していてもかまいませんか?


A マーケティング理論やセールスの概要を理解いただくことが主眼であれば、問題ありません。ただし、おすすめツール以外のテックトレーニングは、教材のなかに含まれておりません。たとえばKajabiの利用方法はご案内していない、といったようなことです。この点ご理解いただいたうえで、お申込みください。


Q 全6章に含まれているなか以外で、わたしがデジタル商品の販売に関して、他にやらなければならない大事なことはありますか?


A はい。あなた独自のリスト構築を進めていただくことです。このDCAは、コース制作・販売をすすめながら、同時にリスト構築作業も並行してすすめていただけるよう、時間管理のアドバイスをレクチャーや、特典セミナーでお伝えしておりますが、基本、リスト構築に特化した章は設けておりません。すでに基本の基本の段階として、リスト構築に着手いただいているものとして、このDCAは進行します。リスト構築について専門的に学ばれたい場合は『リスト構築マスターコース【LBM】』を別途受講ください。


Q わたしはデジタルツールや、デジタルマーケティングに強いです。それでも、私はDCAでさらに前進できるものでしょうか?


A あなたがDCAに魅力を感じていただいている点はどこですか? もし、「見込み客を顧客に転換する」マーケティングやセールス手法のブラッシュアップ方法をさがされたいようしたら、お役に立てるでしょう。なお、和田がこれまでみてきた「すでにコースクリエイターとして活動しているけれど、穴にハマっている方」の多くは、デジタルコンテンツ作成に長けておられますが、DCAで特にお伝えしている「2章 売れる証明をとる」ところの段階を飛ばしておられる場合がほとんどです。この点も、もしあなたもあてはまるようでしたら、お役に立てるでしょう。


Q DCAで成功を手にするには、どのぐらい時間を費やさなければなりませんか?


A 1日3時間の時間投入後、1年3か月で事業としてのマネタイズ規模になる、と想定しておすすみください。本業にたずさわりながら、新規事業(副業)でデジタル商品開発に、あなたひとりで乗り出すようでしたら、週末にまとまった時間をとれる、1日に2時間程度まとまった時間がとれる状態をつくられることを、おすすめします。


Q 一度にコース全体にアクセスできますか?


A 6カ月間かけて、レクチャーが定期的に公開されてゆきます。お申込み後、一度に視聴いただける環境にはございません。ご了承ください。


本コース教材内でナビゲートするツール一覧


Mailchimp, Teachable, Zapier, Clickfunnels, Deadlinefunnel , Calendly, Zoom, StreamYard, GoogleDrive, Dropbox