Upop2vbaqoqs2cev4xyd

店舗開業のときに日本政策金融公庫でお金をかりるための書類の書き方

美容室開業のために、公庫から保証人なしでお金をかりるときの、書類の書き方をお伝えします

   プロモーションを見る

このコースは、日本政策金融公庫からの正式発表情報に基づいて作成されているわけではありません。

2009年から、美容室店舗開業支援を年間20件以上、10年かけておこなってきたなかで、培ってきた融資書類の書き方についての、講師独自のノウハウをお伝えしています。

美容師さんが、美容室開業したいと決意したあと、日本政策金融公庫にて、保証人なしで、開業資金を調達したい方にむけて作成いたしました。

書類作成のなかで、特に大切な、「創業計画書」作成の数字記入ポイントに絞ってをお伝えしています。


 

講義で得られることと、受講対象者

【この講義のゴール】

日本政策金融公庫で融資をうけるために、とくに重要視される、「創業計画書」の「右側ページの数値記入欄7と8」を書き終えることができる。


【この講義で得られること】

  • 「創業計画書」の書き方
  • 自分が金融機関から借りることができる目安となる金額
  • 開業前に必要なおおよその自己資金額
  • 日本政策金融公庫で融資をうけるときの書類の書き方
  • 融資を受けるための美容室の売上予測の立て方
  • どの規模で店舗を開業したら身の丈にあっているかの探し方
  • 開業のための資金調達を金融機関から得るために、必要な準備


【受講対象者】

  • 美容師さんで、独立開業して、美容室を開業したい方。
  • 日本政策金融公庫で開業のための資金調達をしたい方
  • 店舗開業にあたり創業計画書を書きたい方
  • 開業を決意したあと、資金調達をどうしようかなやんでいる方
  • 創業計画書で美容業開業の書き方例をみても、書き方に迷う方
 

講義の概要

このコースで何を学べるか、確認しておきましょう。

#セクション1 イントロダクション

講座のゴール、対象者、講師自己紹介

#セクション2 ズバリ、自分はいくら借りられるのかを知る

融資をこれから受けたい、書類を書きたい。だけど、自分はどれぐらいなら借りられるかわからないし、どんな規模で店舗開業をイメージしたらいいかわからない。そんな方に、ご自身の融資が可能な規模の理論値を知る方法をお伝えします。融資を受けられる額がきまれば、自然と、開業規模も決まりますね。

#セクション3 「創業計画書」書き方の6つのポイント

「創業計画書」は、A4用紙1枚と、見た目は簡単そうです。しかし、簡単だからと、適当に埋めてはいけません。特に、融資審査を行う側が、チェックしているポイントを6つの視点からお伝えしています。

#セクション4 創業計画書を書く前に準備すべきこと

創業計画書を、書く前に、必要な手続きをお伝えします。不動産契約のタイミング、準備すべきことです。そしておまけ情報で金利を安くする方法についてです。

#セクション5 いますぐやるべきこと

この講義全体は、いますぐ書類を書く人にむけてお届けしています。しかし、もし、これから1年後、2年後に開業しようとする場合や、講義をみて、いますぐ開業できないな、もうすこし準備が必要だなと感じた方に、いますぐやるべき準備ポイントをお伝えします。

 

受講前に準備していただきたいもの

<お手元にご用意いただきたい資料>


日本政策金融公庫のホームページから、「創業計画書」の最新書式をダウンロードし、印刷してお手元にご用意いただくと、より理解が深まります。

1回目はまず聴くだけという場合は、お手元資料は無くても大丈夫です。

2回目以降の試聴で、書きながら、お聞きいただくとより理解が深まります。

日本政策金融公庫ホームページURL

https://www.jfc.go.jp/

融資制度一覧URL

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/

書式ダウンロードページURLから「創業計画書」をご選択、ダウンロードしてください

https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

講師


和田 美香
和田 美香

1日に3時間だけ働く事業オーナーになるための、マ―ケティングコンサルタント

独立して子供ができるまでは、自分の時間を切り売りする仕事の仕方をしておりました。ところが、子供ができて、そうはいかなくなりました。お金がより必要になるにもかかわらず、自分の仕事時間は削らなくてはならないのです。そのため、集客の仕組み化をとりいれと同時に、自分の時間をつかわず儲ける方法として、複数の事業をもつ方向へとシフトしてきました。コンサルタント業、店舗プロデュース業、店舗経営、そしてオンラインスクール事業、メディア事業を加えています。

5年以内に、事業収入の柱を3つ以上持ちましょうということをご提案しています。

その理由は、人生100年時代のなかで、仕事を生み出すノウハウを身につけ、月に20万、30万なりとでも定額で稼げるビジネスを、幾つか生み出し続けることができれば、人生の資産になるとお伝えしたいからです。人生だけでなく、製品にもサービスにもライフサイクルがあります。死ぬまでずっと同じ仕事をしつづけられるわけではなく、また、もっとお金を稼がなくては将来が心配という気持ちもいつまでたってもなくなりません。であれば、自分はいつでも稼げる力があるから、楽しくまたビジネスをやればいいだけ、と、いつでもスタートの気持で前向きに楽しく暮らせたら。こんな風に、ひとつの幸せの姿を思い描き、理想の未来をつくるために、必要な事業構築のスキルをお伝えしています。



コースのカリキュラム



お申し込みは今すぐ!